« #49バラオ最後の賭け | トップページ | とりあえず、感想。 »

#50輝け!不死身のライディーン

「ラ・ムーの星」を発動させる。打倒バラオの為のたった一つの冴えたやり方。但しそれは、発動させた者の命との等価交換でもある・・・。妖魔大帝バラオ、終に起つ。街、総攻撃され、破壊の限り。逃げ惑う人々。ムトロポリスも例外ではない。司令部にメンバー集結。母様、「ラ・ムーの星」を使うことを決意。洸、ライディーンで出撃しようとする。母に「それ」を絶対に使わせたくないから。父、息子を止める。「嫌だ嫌だ!母さんを死なせたくない!」洸、父に殴られる。「父さんも母さんも覚悟している。今は俺がとか母さんが、とか細かいことを言ってる場合ではない。全地球の人類の命運がかかってるんだ!」それでも飛び出す洸。「行かせてくれ!」ライディーン、出る!バラオと対峙。「でかい・・・」ライディーンが玩具のように見える。それでも攻撃をかけてみるが、歯が立つわけが無い。終に母様、古代ムー帝国最後の皇女として、ラ・ムーの星を発動させる!「ラ・ムーの星よ、神面岩の額へ・・・!」額にそれが嵌った時、一条の光を放ち、海が裂け、バラオの奇怪な全身を顕わにした。ムートロンの力をライディーンに注いだ後、母様力尽きる。「ムートロンの力で少しの間だけ、巨大化出来ます。その間に決着を・・・。」巨大化ライディーン、ゴッドバード・アタック。バラオ、剣を突き立てる。しかし、突き立てられた剣を逆手にとり、ゴッドバード、バラオの体を下から上へ切り裂いた!妖魔大帝バラオ、滅。しかし、それは母様の最期でもあった。洸、コックピット内でメットオフ。フェードアウトし、倒れた母を抱き上げる洸。「母さんが助けてくれたおかげで、勝てたんですよ・・・!」最後の力を振り絞り、「ムートロンを平和の為に・・・。」言い残して母、沈黙。「母さん・・・」泣きじゃくる洸.その時、虚空から古代船が現われて、母様の亡骸を納め、空を去っていった。見送る全メンバー。父、息子に語る。「母さんは、私達の知らない、南の海へ帰ったんだ。そして、いつかまた蘇る・・・。」思い直したように、父。

「さあ、これから忙しくなるぞ。まずは街を元に戻さないと。」

                                       <終>

|

« #49バラオ最後の賭け | トップページ | とりあえず、感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/13150634

この記事へのトラックバック一覧です: #50輝け!不死身のライディーン:

« #49バラオ最後の賭け | トップページ | とりあえず、感想。 »