« 今日のマイメロ。(とカブト)。 | トップページ | #48豪雷巨烈軍団の挑戦 »

#47激怒巨烈地獄の叫び

ラストまで後4話。この回から洸が「かいぐり×2」したくなるほど可愛らしい。(?)(ように見える)。時間軸的には前回の続き。洸とブルーガー、竜巻に飲み込まれた古代船の行方を探す。その頃、メカガンテと巨烈獣がムトロポリスを襲った。急いで戻るライディーン。巨烈獣を瞬殺。その頃、バラオも「ラ・ムーの星」を探し、不思議な磁力を発見する。海中から現われた古代船の前で潮が引き、古代ムー帝国の遺跡が出現。(十戒のようだ)レムリア姫の所作である。降り立った姫は、神面岩の地下のムートロンを開放するため、ラ・ムーの星を目覚めさせる。(ここのシーンは秀逸。姫様美女ヒーローとしての見せ場)。豪雷(弟の方)の攻撃にも負けず、古代船はバリアー張って「ラ・ムーの星」積み込むが、激怒(兄)のメカガンテに捕われる。ライディーンは、ゴーガンソードの一撃で激怒を倒し、メカガンテから姫=母様を救い出す。激怒、今回で退場。力尽きたのと安堵で、フェード・アウトしたとたんに地面に倒れ込む洸。「洸・・・私の洸・・・お母さんよ・・・」倒れた洸を抱き寄せる母様。紛れも泣く「母」の表情。「母さんなの・・・あったかい。」少しは意識があるらしい洸。やっと遭えた・・・

洸の予定では、「母さんをこの手で抱きしめる」だったはずなのですが、実際は「母さんに抱きしめられた」が正しい模様。本人としてはどちらでも差はないように思われますが。しかし、「母様○○」で「洸××」に見えてしまったのは、自分だけ、だと思いたい。(滝汗)

当時の神谷氏、声の調子が良くなかったのか、声が低い。洸の作画が幼い目なので、ギャップが余計強調されてたように見えたかも。

|

« 今日のマイメロ。(とカブト)。 | トップページ | #48豪雷巨烈軍団の挑戦 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/13112972

この記事へのトラックバック一覧です: #47激怒巨烈地獄の叫び:

« 今日のマイメロ。(とカブト)。 | トップページ | #48豪雷巨烈軍団の挑戦 »