« #31「恐怖のテツダン逆さ落とし」 | トップページ | #33 破壊魔獣11の秘密 »

#32 ドライガー心臓破り作戦

タイトル的には、今回の敵の様子がわかるのですが、ストーリー的には、見えない、と言うか読めないと言うか。(汗

コープランダー隊における「天才技術屋」である、猿丸太郎大先生(藁)のエピソードです。黒縁眼鏡の風貌から、予想を裏切らない仕事っぷりの彼ですが、今回はご両親が田舎から「息子の様子を見ておきたくて」やってくる、という。二人が乗り合わせた特急列車を、巨烈獣が襲う。ブルーガー出動。今回はマリ、セーラー服で搭乗(^^;;)。いいのか。

それにしても、猿丸君(氏、とつけたいところですが、こっちのほうがしっくりくる)は、自分の{勤務先}を、どのように両親に説明していたのか?一応「地球を悪魔の野望から守る」(しかし、凄いなあ・・・字面にすると)ために結成された組織なんだから、いくら親とは言えども 「関係者以外立入禁止」ではないかと思うのですが。

しかし、それなりの経歴を経て、「地球の平和を守る特殊部隊のブレーン」となった彼から見て、洸はどのように見えたのか?「中坊の分際で改造バイク乗りまわしてる、たまたま最終人型決戦兵器に搭乗できるのが彼しかいないから、仕方ないけど、とりあえず生意気なにーちゃん。」だったのかも。(もちろん、最初のうちですが。)

|

« #31「恐怖のテツダン逆さ落とし」 | トップページ | #33 破壊魔獣11の秘密 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/12703518

この記事へのトラックバック一覧です: #32 ドライガー心臓破り作戦:

« #31「恐怖のテツダン逆さ落とし」 | トップページ | #33 破壊魔獣11の秘密 »